デートや女子会、イベントでも おしゃれに楽しむお手軽ピクニック

人気のコンテンツ
2014.11 更新

ピクニックの楽しみ方
ピクニックを楽しむ
極意とは?
2014.11 更新

ピクニックの楽しみ方
ピクニックで喜ばれるお弁当メニュー
2014.11 更新

ピクニックの楽しみ方
子連れの
ファミリーピクニック
contents
category

デートや女子会、イベントでも おしゃれに楽しむお手軽ピクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアに縁がない人もピクニックならお手軽!

スポーツが苦手な人でも、ピクニックなら誰もが簡単に楽しめます。「出かけるのがめんどくさい!」という人は、近場の公園でも大丈夫。気の合う仲間を誘って、レジャーシートにおにぎりを持って出かけてみましょう。

自然の中でいただくご飯は、気持ちも癒やされて、いつも以上においしく感じるはず。ピクニックの醍醐味を一度味わうと、今度はもう少し手をかけて、場所も変えて・・・と、いろんなアイデアが次々に湧いてきます。

ピクニック自分たちのできる範囲で、お互いに負担にならないように。お弁当を作る時間がなければ、テイクアウトを利用したり、頑張り過ぎないことが楽しむコツ。BBQと違って準備にも時間がかからない点でもおすすめです。

ピクニックは社交の場としても最高!

合コン、町コン出会いの場として人気ですが、ピクニック初めての者同士でも打ち解けやすいというのをご存知ですか? これも自然の力? 

天気のよい日に、緑に囲まれた環境の中で、おいしい物を食べて、飲んで、いろんなことを語り合う。お金をかけずに、心豊かな時間を過ごせるのもピクニックの魅力。自然を味方につければ、気持ちも開放的になって、会話も弾む! お互いを知るうえでも、貴重なきっかけになります。

既に東京や大阪にはピクニッククラブも存在。ピクニックは、子どもから大人まで、世代を超えた交流が楽しめるアウトドアです。

ピクニックの楽しさを広げるコツ

食べ物

ピクニックを存分に楽しむには、持ち寄る食べ物をいかにおいしく、おしゃれに演出するかです。味はもちろんのこと、かわいい容器に入れて、見た目のおいしさにも気遣う必要があります。

また、冷たい物は冷たく、温かい物は温かくいただけるように、保温や保冷効果の高い器に入れることも大事。おいしいお店を探して持ち寄った食事の満足度が高いかどうかで、ピクニックの成功率が高まるのは間違いなし。

場所

ピクニックスペースとして利用できる場所は、設備も整っていることが多いですが、ただの公園でピクニックをする場合は、トイレの場所や手洗いなどが近くにあるかどうかも大事です。小さい子どもを伴なったピクニックは、レジャー施設の中にある広場を利用するなど、子ども用のトイレ、授乳室など設備が整った場所を選ぶと安心です。

天気

ピクニックの醍醐味は天候に左右されることも大。天気予報もふまえて考えると、かなり前からの予定は避けたいもの。できれば、行く2、3日前ぐらいだと、大きく外すことはなさそうです。

web流行ワードにまつわるピックアップ

Copyright (C)2017デートや女子会、イベントでも おしゃれに楽しむお手軽ピクニック.All rights reserved.

↑pagetop